どうやって守る?iPhoneのガラス割れを防ぐポイント

ガラス割れはお金がかかるから、割れない対策をしていこう!

iPhoneのガラスが割れてしまったもiPhone修理業者に依頼をすれば、直ぐにその修理をしてもらって、元の状態に戻してもらうことが出来ます。ただ、業者に依頼をして修理をすると、それなりにお金もかかってしまいます。メーカー保証に入っていない場合は、何千円、何万円という修理代金になる事もあります。ですから、iPhoneを持っていると言う方は、まずはガラスが割れないように対策を行っていきましょう。
そして、ガラス割れを防ぐ対策方法としては、本体にカバーを取り付ける方法、ストラップを付ける方法、画面にフィルムを貼る方法の3つがあります。それらの対策を行えば、iPhoneが落下することによって画面割れをする事を防げます。

おススメはiPhoneのカバーを取り付ける事

そして、画面割れをする対策の中でも良い方法と言えるのが、カバーを取り付ける方法です。ストラップを付ければ、手から滑らせて落下する事は無くなりますが、人によってはストラップを付けるとかっこ悪いと感じる人もいます。しかし、カバーを取り付ける方法なら、見た目が大きく変わる事もありません。オシャレなカバーもありますので、逆に見た目が良くなることもあります。 また、最近は手帳型のカバーなど、機能面でも優れたカバーもありますし、衝撃を吸収してくれる素材を使った商品も多いです。それらのカバーを取り付ければ、今まで通り使って画面割れの防止が出来るようになります。 画面にフィルムを貼るよりも、ガッチリ本体全体を守ってくれるカバーのほうが割れにくくなりますので、画面割れが心配ならカバーを取り付けていきましょう。

iphoneの修理を川崎エリアでする場合、携帯電話会社に持っていくとすぐに修理できることは稀です。急ぎの場合は、スマートフォンの修理会社に頼むと早くできます。